回答

手術から回復した後は、主治医から食事制限を指示されない限り、徐々に好きな食事に戻していきましょう。

ただし、特に手術後68週間の時期は、回腸が狭いために高繊維食により閉塞を起こすことがあります。腹部のけいれん痛、下痢、吐き気、嘔吐があった場合は、主治医もしくは看護師にすぐに連絡してください。

予防するために:

  • 食べ物を十分に噛んでください。
  • 1日当たり6~8カップ(1.5~2リットル)の水やその他の飲み物をとってください。
  • 下記の高繊維食については、最初は制限し、その後徐々に再開してください。A
    - セロリ
    - ポップコーン
    - アブラナ科の野菜(例えば、キャベツ、ブロッコリ、カリフラワー、ケール、芽キャベツ)
    - ココナッツ
    - 生パイナップル
    - コールスロー(キャベツの千切り)
    - レーズン、プルーンとその他のドライフルーツ
    - マッシュルーム
    - 種実類
    - サラダ用緑野菜
    - エンドウマメ
    - 食用の果実皮と野菜皮(例えば、リンゴ)

食品に対する反応は人それぞれです。また食事制限が一時的なものに終わることもあります。