回答

 

コロストミー(結腸ストーマ)は、大腸の末端から作られており、消化管からの老廃物を迂回させます。コロストミー手術を受けた後は、腹部に造設されたストーマから老廃物を排出します。

コロストミーの位置は、結腸の損傷部位によって決まり、肛門周辺部の損傷部から大便を迂回できる位置に決めます。下図は、コロストミーを造設できる位置を示しています。コロストミーは、造設位置や造設理由によって一時的なものにもなり、永久的なものにもなります。 1, 2

  

上行結腸ストーマ

  • 上行結腸(垂直方向、腹部右側)に造設されます。
  • まれなタイプのコロストミーです。
  • 排泄物は水様から半水様になります。2 ,3

横行結腸ストーマ

  • 横行結腸(水平方向、腹部上側)に造設されます
  • 排泄物は水様から半固形になります。
  • 通常はループストーマとして造設されます。
  • 通常は一時的なものとして造設されます。1 ,2 , 3

下行結腸ストーマ

  • 下行結腸(垂直方向、腹部左側)に造設されます。
  • より一般的なタイプのコロストミーです。
  • 上行結腸と横行結腸で多くの水分が吸収されるため、排泄物は半固形ないし固形になります。 1 , 2, 3

S状結腸ストーマ 

  • 腹部左側の大腸の左下部分、直腸のすぐ手前に造設されます。
  • ここまでの腸内ですべての水分が吸収されるので、排泄物は固形になります。 1, 2 , 3