回答

手術によって生活の質を高めることができます

ストーマの手術では、患者の必要に応じて、病気による損傷の程度が大きく、自力で回復できなくなった膀胱(ウロストミーの場合)、小腸(イレオストミーの場合)や大腸(コロストミーの場合)の一部が切除されます。.

この手術では、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)の造設も行われます。ストーマは、腹部の外側に作った開口部で、そこから体内の老廃物を排泄します。ほとんどの場合、ストーマの手術によって全身の健康状態が改善し、充実した人生に復帰できるようになります。

オストミーとは何か?

ストーマの手術を受けると、ストーマという開口部が腹部に造設されます。

ストーマが、体内の老廃物のもう1つの出口になります。ストーマが造設される場所は、必要とされる手術の種類によって異なります。1 

ストーマの手術を実施する理由として、数多くの一般的な理由があります。²

  • 結腸、膀胱、直腸のがん
  • 炎症性腸疾患(例えば、クローン病、潰瘍性大腸炎)
  • 家族性大腸腺腫症(家族で遺伝する大腸がんの一種)などの遺伝性疾患
  • 出生異常
  • 腹部の貫通創とその他の外傷
  • 二分脊椎症やその他の先天性疾患
  • 尿管閉塞

病気やけがの程度によって、一時的なストーマ(患部の治癒と正常な排泄の回復を目的とする)になるのか、永久的なストーマになるのかが決まります。2 どちらになるのかは主治医から説明があります。

ストーマの手術には3つの主要なタイプがあります。

コロストミーやイレオストミーの手術を受けると、排便の随意調節ができなくなり、ウロストミーの手術を受けると、排尿を調節できなくなります。こうした排泄方法の変更に対処するのが、目立たないストーマ装具を腹部に貼付することです。 さまざまなライフスタイルのニーズに合わせたストーマ装具が発売されています。

造設されたストーマのケアを正しく行い、ストーマ装具が正しくフィットしていることを確かめることが非常に重要です。実施される手術のタイプを選んで、下記の情報を確認してください。

  • ストーマの造設で何が起こるのか、ストーマのケア方法
  • ストーマから排出される体内の老廃物にどのように対処するか
  • 皮膚のかぶれと合併症を防ぐためのストーマ周囲の皮膚のお手入れ方法
  • それぞれのストーマ装具が使用者の日常生活に合わせてどのように作られているのか